たまゆらのなかのとわ

絵  詩のようなもの 祈り 共時性 日記 時世

何とも言えな気持ちがなかなか消えない

こんな事を発信できるなんて 在り難い時代です


娘のお薬をお願いしている 割と大手の調剤薬局さんがあるのですが

ほぼ毎回に近い状態で 不都合が生じています・・・(*´ω`*)


老眼のこともあり 金曜(画像検査の日)に貰ったお薬について

昨夜まで気がつかなかったのですが


分包のパウチの部分にそこそこの分量のお薬は挟まっていたんです

一包くらいなら問題ないと思いますが

約一か月分全てがその状態で 当然その分は飲む事が不可能です

(医師の商法量が飲めないと言う事)



しかも 一番肝心なお薬で 徐々に血中濃度を何年もかけて上げてきているんですね

お薬自体とても高価なものなのと それを飲む患者がとても少ないことがあり

在庫確保に苦慮されておられる様でもあります(あくまで金銭的な薬局の都合)


こちらとしては 最悪の事がない限り薬は必要ですし

別の薬に移行する場合も 突然前の薬をストップする事はないんですね

徐々に減らし 新しい方のお薬を徐々に増やすんです
(そうでないお薬もありますが今回のものはそうはできないもの)


問い合わせると なんと 不都合の自覚が在りながら 

それを告げず渡したとの事・・・(-_-;)


私的にはこう毎回何らかの不都合があると これは・・・

暗に「迷惑です」と伝えたいのかと思ってしまいます

まぁ たとえそうであったとしても その上の意識を持って

飄々としていれば済む事なのですが


てんかんのお薬なのですが 増量で転倒事故が防げています

大げさに聞こえるかも知れませんが 命に関わるお薬なのです



正直 何とも言えない気持ちがなかなか消えません・・・


あちこち薬局を変えるのも 私の性分ではないので

割り切って付き合うしかありません
(薬剤師会へのクレーム等大事にしたくないのですがいけないでしょうか)


気持ちを切り替えたい限りです


お読み下さった方 申しわけない内容でございました・・・



追伸。。。。。今お薬を作り直してもらっています 先ほど古いお薬に足す為
       取りに来られましたので とりあえず問題解決です