たまゆらのなかのとわ

絵  詩のようなもの 声 共時性 日記 時世

ぐだぐだくだらないですが

昨日書いた記事について考えています

私の言いたいことが 伝わっているだろうかと


「苦」に直面した時 その強弱にもよりますが それぞれに受け捉え方があると思います

その過程で何かしらの思想に行き着き そうした場合に新たな差別と言いますか

そういうものが発生する様に思います (いわゆる因果応報)特にスピリチュアル志向の方は

間違った事の結果が 例えば病気だったり障がいだったりとして現れるのだと言う

一種の自己責任論に行き着くのではないでしょうか(その反対で高次元の存在だとか魂のチャレンジャーとか)

そうでなくても 前世や来世と言う考えには落とし穴があります

かつてのカルト教団 そしてテロ組織にもそうした価値観が大いに働いていました

wikiより 苫米地英人さんの見解
2000年代半ばのスピリチュアル・ブームを繰り返し批判していた。一方で仏教に詳しく[53][54]、日本仏教やインド密教との関係が深く、気功については情報的存在であると語る。また、輪廻転生に関しては、テロリズムなどを助長するなどの点から、本人が本気で信じていても主張してはいけないと批判した。
カルマという概念は、突き詰めれば殺人を肯定するポアのような行為にも繋がり、魂の階層性については、絶対的な差別で受け入れてはいけない考えで、語るべきではないと主張する


極論であって一般人はここまでにはならないだろうと思いますが

私が言いたいのは ご自分が信じる思想で決めつけて世間をみていらっしゃる方に時々遭遇します 

ブログだけであれば勝手にやれば良いと思います 自分の境遇を受け止める為の手段ならば誰も阻止は出来ないと思います

だけどもそういう思想(特にスピ)の方はそれを黙っていられない 他人にもそれを言いたい

そして同じ認識を持たせたいという二次的欲求が起こっていると思います

仲間を増やしたい 承認して欲しいと言った過度の欲です 

私はこれらから 初心から逸脱した人間の「欲」を感じるのです


実際嫌な思いもしました

ae7chu.hatenablog.com