たまゆらのなかのとわ

絵  詩のようなもの 祈り 共時性 日記 時世 音楽

台風の翌日は景色が美しい それは空気がきれいだから

ae7chu.hatenablog.com
ae7chu.hatenablog.com

今回の台風は風が凄かったです 

以前 少し交流のあったスピリチュアルの方のブログを時々覗くのですが

その方は台風がお住まいの地域をそれると 私がここに居るからと言わんばかりで

直撃して被害が及ぶと 陰謀組織が私を狙っていると言われます・・・

何だか 私が言及することは無い様に思います

もう交流はありません 彼女はそれを生業にしているので 言いたい事はありますが

(心霊商法紛い)←あ、言っちゃった・・・でもそれは彼女が住む世界です


火が水で消える様に この世界には一定の法則があります 自然の猛威もそれらが発生する法則があり

人間活動がそれらを誘発することもあると思います

事はそれ以上でも以下でもないと 私などは認識しております

ですので 自然現象(この内人間が猛威と認識するもの)は いわゆるその筋(どの筋だよ)の方々が言う

神の怒りや 神による浄化と言った これまた苦の上塗りの様な認識にはかなりの抵抗感があります


何度も書いていますが スピリチュアルの方々におごりを感じているのだと思います


人間が言う「自然悪」を無条件で受け入れられない 人の性(さが)がそうさせるのだと思います

また「ただでは苦しめない」という 人の強欲さでもあると思います

この世の「苦」(ここでは自然悪)が受け入れられないのです ただ(無益の意味)では・・・・


人間は弱いものです 弱さ故知恵をしぼり生きて来たのだと思います

心情は理解出来ますが 目の前の現実は理由を付けても消えません 

魔法など無いのです


それらは受け入れて初めて そこから何かが生まれるのだと思います 



遠藤周作の「沈黙」を読み感じました

神とは己の中にあって 私たちはその神を具現化できる存在なのだと

神とはもたらされるものではなく 私たちがもたらすものであると思います


桃の樹がその実をもたらす様に