たまゆらのなかのとわ

絵  詩のようなもの 祈り 共時性 日記 時世

てんかんと変性意識

てんかんを患っていた偉人をざっと書き出してみました





ピウス9世 (カトリック教会の司祭)
ジャンヌ・ダルク (カトリック教会の聖女)
 ギュイヨン夫人 (神秘主義思想家)
 ジョセフ・スミス・ジュニア (末日聖徒イエス・キリスト教会の設立者)
リジューのテレーズ (カトリック教会の聖人)
パウロ (新約聖書の著者の一人)
 アビラのテレサ (スペインのローマ・カトリック教会神秘主義思想家)
 ムハンマド・イブン=アブドゥッラーフ (イスラム教の開祖)
エゼキエル (預言者)
スウェーデンのビルギッタ (スウェーデンの聖職者)
 ソクラテス (哲学者)
 エマヌエル・スヴェーデンボリ (科学者・政治家・神秘主義思想家)
カール・グスタフユング (精神科医・心理学者)



仏陀てんかんもちであったらしいです

てんかんもちが ナチュラルな変性意識であるならば

その反対もおられて LSDノーベル賞を取られた方なんかも有名ですね

世の中にはこの変性意識を強く求める方々が結構おられるみたいです

大麻なんかも推進派の人は医療にと訴えられていますが

そういう声はあれですかね うちみたいな当事者が活動されているのか疑問です


娘は話せないので 発作時(特に軽発作時)にはどのような状況に自分が置かれているのかを

説明する事は出来ません

てんかんの中でも側頭葉てんかんは 変性意識(幻覚)の状態になる事があるらしいのですが

娘の場合も側頭葉でも脳波の異常放電が起こっているので

もしかしたら何か観ているのかも知れません 


重度の知的障がいのはずなのに 不思議なタイミングで意思の疎通をしっかり感じる時があります

そういう時 言葉は進化した人間のコミュニケーションツールであると

人間自身は認識しています しかし もしかしたら言葉や識字という部分は

本当はものすごいアナログなのではないかと疑ってしまいます

それが時折 確信に変わる瞬間が増えて来ています

言葉ではない次元を介して 繋がっている

娘はここに居ながら別の次元に多く居るから 

それがこの次元では「障がい」と認識するしかないのではないか

実は そんな風に感じています


変性意識を求めるあまり 危ないものに手を出す方も昔からいらしゃいます

昔 町の薬局に勤めていたのですが 

毎週ある一定の市販薬を二箱買いに来られる方がいました

いわゆる見た目が不良な子も居ましたが 中には人生に苦しんでおられるのだなと

感じる方もいらっしゃいました

ある時までは何事も悟っていないふりをして 「お大事に」と言うと

何とも複雑な表情でお帰りになられます 

程なくして大量買いが出来なくなり お断りする様になりましたが

後者の方は何とも悲し気にすんなりお帰りになられる反面

如何にも不良の若い子などには 凄まれたりした思い出があります


何をしようが合法ならば自由であるとは思います

でも私などは 人間の脳みそがその領域を決められているのには

意味があるのではないかと思います

変性意識の向こうに在るものを 今の人間には受け止められないのではないか
(精神的にも肉体的にも)

それが出来る人 出来ない人が居る以上 ある程度の規制は必要であると思います

それが親でもある私の立場からの意見です

医療目的で作られた市販薬でさえ その目的から逸脱し遊びで使用する人がいます

大麻もしかりの様に思います

それ自体の害云々よりも それが入り口になり深みにはまる危険性があります

自由ほど難しいことはありません

書き足りませんが きょうはこの内容を書きたいと思いました


参考書籍


honto.jp