たまゆらのなかのとわ

絵 声 共時性 日記

無題

例えば世の中が

欲張りでなかったら

家族は離れ離れに

ならなくても良かった



学校へ行かなくてはならない

会社へ行かなくてはならない


ならないことばかりの世の中で

できない人は

ならないことばかりの世の中で

できない人は


できない人を愛したくても

時間は限られて

身も心も引きちぎれそうになる


私たちは欲張りですか

ただ愛したいのに

それが叶いません


それはどうしてだか

わからないのです


だけどもも

もう走ることは止められないのです


目を離したすきに

愛するものは奪われているのです

最も酷い方法で


身も心もひきちぎれそうなのに

自らその最後の皮を

やぶることも許されない


私たちはいったい

誰の為に働いているのかも

わからなくなる


ただ寄り添いたいという

ささやかな欲では

いけないのですか


嘘の神様を信じなくてはいけませんか