たまゆらのなかのとわ

絵  詩のようなもの 声 共時性 日記 時世

言葉がなくても

headlines.yahoo.co.jp



言葉がなくても 意思の疎通は出来ます 

それは心が寄り添っているからです



ブログにスター(はてなのいいね?)やブックマーク・コメント欄を付けなくなって

本当に寄り添って下さる方(勝手にそう思っている)のみの訪問であると実感できます


私たちは 私たち自身(人間)が不確かな存在だからこそ

確かなものを求めます

そして その意識は具体的な恐怖や不安と言う ある種の「感覚」として私たちを包みます

それらが私たちを駆り立てているのは事実です


そしてそれらから解放されるために あらゆるものに依存します

その一つが  であります

私たちは私たち自身が仕掛けた「数」のトリックに溺れています


私たちは辛抱強く その数と言うツールを観察しなければなりません


数がモノを言う この可笑しな世の中で 

まるでその数が確かなモノに思えてしまう・・・ 数は自分を裏切らない確かなモノだと

思い込んで疑わない・・・ 

この可笑しな世の中は歯止めを掛けられれずにいます


それらの所属を辞退して 自らを少数派であると自負している場合であろうと

それは形を変え また数を求めているに過ぎません


私たちは数を数える為にいるのでしょうか

私たちは何を感じる為に苦しんでいるのでしょうか

これは簡単な事です 思い出して下さい