たまゆらのなかのとわ

絵  詩のようなもの 祈り 共時性 日記 時世 音楽

because

嫌われることなんて怖くないよ

むしろ予想どおり

仲間なんていらない 群れるのは嫌い

愛する人がいるから


嫌われることなんて怖くないよ

だって 私は元からいらない命なの

本当はかき出されていたはずだった


それでも あなたたちと同じ心があるのよ

同じ様に感じる心がね

それが一番厄介だわ


親に感謝するとしたら

それはバカみたいな自己愛を

護らなくても平気なこと

だって 元からなかった命なんだから


私は私の愛する人の為に

命を燃やすだけ

命を燃やして温める

パンケーキにベーコンをのせてあげる