たまゆらのなかのとわ

絵  詩のようなもの 祈り 共時性 日記 時世 音楽

vanilla sky

f:id:ae7chu:20170523182359j:plain


発せられる言葉が 皆 私を責めている様に聞こえる

無数の針が一斉に発射され 私に刺さる

そんな ありもしない事に捕らわれ

先読みばかりする

誰にも会いたくない

朝起きれば 私はトナカイになっていたい

今までの記憶は 全て泡沫に

そう思いながら 平然と生きているのではないかと

己を疑う

メランコリックになっている暇などないはずなのに

私は何に支配されているのか

こんな思考など 望んでもいないのに

恐怖と不安と言う ふわりと薄いベールが

いつか鉛の塊になって ドスンと落ちてくるのではないかと

脅えながら 微笑む

誰も不安にさせたくない

私は私の一部を かき消す

傷ついたレコードの様に 何度も繰り返す

出られそうにない回転