たまゆらのなかのとわ

絵  詩のようなもの 祈り 共時性 日記 時世 音楽

「欲」について書く時 どこから書き出して良いか悩みますが
私なりに進めて行きたいと思います

前にも書いたのですが 今バゲットにハマっています 近場で行けるところで駐車場が広い所は
大体制覇したのですが そんなパン屋の一店に あぁもうここには来ないかなと思ったお店がありました

そのお店は 天然酵母と自然素材や地産地消などを謳っておられました
その事がこのお店の自慢だと感じ 全粒粉のバゲットや甘いパンを数点買い求めました

お商品を選んでる時間 色々と違和感に感じていたのですが
このお店は色々な活動をされている様で その関連の書籍やイベントのポスター
そしてその時のお写真などが 主役のお商品であろうパンよりも目立っていたのです

食べ物を扱うお店なのに その壁やら パンのすぐ隣に雑貨があったり ドライフラワーがあったり
とにかくごちゃごちゃしていて まとまりのないお店でありました

そして何より そのご自慢のパンが輝いていないかったんですね 
あまり美味しそうでない・・・実際 私の心は踊らなかったのですが

何と言いますか こう言うと偏見に思われると思いますが いわゆるスピリチュアルの匂いなんです
(実際並んでいた書籍はそういう類のものでした)
私はこの数十年で思うのですが 「スピリチュアル」というものの 本当の意味が消え 
違うものにすり替わってしまっていると強く感じています

ですので前者の「いわゆるスピリチュアル」と奥歯に物が挟まった様な言い回しをしました
それとこの いわゆるスピリチュアルとやらは とっても欲深いとも感じています

実際このパン屋さんのそれ(違和感)は あれやこれやと宣伝している(貼り付けている)
そのごちゃごちゃ感が 私には欲深いと思えるのです

なんでパンでお客を喜ばせられないんやろ・・・と悲しみさえ込み上げました

例えば美容院等で 単純に技能で勝負しているお店と
そこそこ妥協する腕前で(美容院は相性もありますが)他のお商品を強く勧めるお店があるとします
また前者の店構えはとてもシンプルでも凝らしたインテリアで
後者の店構えはごちゃごちゃとお商品の宣伝のサンプルやポスターだらけで
そのインテリアの意匠が損なわれているとします
どちらを信用し またお願いしたいと思いますか?

たぶん私の感じていることは シンプルなことなんだと思います
そしてそのスピリチュアルという分野も 本当はとてもシンプルなものだと思います

個々が密かに抱く信仰心みたいなものであると思います
それらは 大々的に宣伝するものでもないし そしてそれらを元に金銭的利益を得ると
それはもう大切なスピリチュアルではなくなっていると 私は思います

沈黙は力と言います 
それがこの情報社会で大安売りされ その本当の魔法が消えていると強く感じる今日この頃です



尚 今回の記事も特定の方へ向けたものではありません
私個人がいづれ書こうと思っていたことです

誤字脱字チェックしていません また後日に加筆するかもしれません