たまゆらのなかのとわ

絵  詩のようなもの 祈り 共時性 日記 時世 音楽

春と阿修羅

f:id:ae7chu:20170201184441p:plain





蝶の羽をむしる


残酷さは


幼子故に許される


七つの歳の


満まで






阿修羅をはらみ


せめぎ合い成り立つ


短き春





いじらしく咲くスズランが


引き受けた毒を


たんぽぽは


決して忘れない




ゲンゲの女神が


泣きながら咲くことを


知らぬ人




それが



阿修羅と共に在る