たまゆらのなかのとわ

絵 言葉 時々思考

火曜です

最近 娘がよく笑います 
3月で11歳になります 背も伸びたのか ほっそりしてお顔も小さいので
親ばかですが ホントに可愛い女子です

心が赤ちゃんなので 表情筋も赤ちゃんなのか やや下膨れでお鼻はちっちゃく
グミキャンディが付いてるみたいです

上から見ると 鼻先より唇の先の方が まだ出ています
赤ちゃんです

昨夜も冷えるのでもう1枚着せようと 寝ている娘をもぞもぞしていたら
クスクス笑うんです 夢を見ているみたいでした

以前は笑うと(楽しくなる=やや興奮)発作が出ていましたが
最近は爆笑しても出なくなってきました

夜も朝まで眠ってくれる日が多くなってきました
時々明け方まで動物園の熊みたいに うろうろ歩く日があります
30代では夜間の看護はとても苦痛でしたが
今ではかなり慣れました

田園地帯の夜の音はけっこう素敵なんですよ
ここでは新聞屋さんのスーパーカブの音にもんくを言う人もいないですし(たぶん)
明け方の真っ新な空気の中だと 遠くまでカブのカタカタ音が響きます

新聞配達もご本人のお気持ちは定かではありませんが
真っ新な空気をいっぱい吸えて 気持ちよく感じる日もあるんじゃないかなと思います

などと書いていますが 新聞も今契約が済んだらとるのを止めようと思っています
ドテッとこけますね(^-^;

まぁ 時代の流れと今とを カブの音に重ね 万感の想いにしばし浸る
おバカ主婦の日常でありました


駄文 お読み下さり ありがとうございました