たまゆらのなかのとわ

絵 声 共時性 日記 時世

メンサ会員 中野さんの本

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41J59AnYJ%2BL._SX313_BO1,204,203,200_.jpg

中身は万人に解りやすく書かれた週刊誌並みの本です(幻冬舎ですもんね)すぐ読めます

メンサ会員も食わねばなりませんから 

知識が豊富な人の話しは面白いですが そこに情緒を期待するのは酷というものです

パンドラの箱の中身は 直視出来る人にしか有効活用は無理です

そういう意味では初級の内容でもあると思います

たぶん私はこれ以上掘り下げないと思います(この方の本はもう十分)

福岡先生の本の方がましですね

脳科学者と聞くと 魅力的に聞こえますが 期待はずれでした ごめんなさい

こういう本や心理関係の本は 更にスピ系の本 占い等 身近な人を支配しようとする分には有効じゃないでしょうか

もちろん愛ある活用も出来ると思います

何と言いますか 人生を数学的に捉えるのも道ですが 数字も万能ではありませんしね

やはり私は文学的な生き方がしたいです あ、芸術的の方がマッチしてるかな

暇つぶしには十分な御本ではないでしょうか

有名人も大変ですね こんな平凡な一般人にまで批評されるんですから(笑)

お金出してるんで 許して下さい