たまゆらのなかのとわ

絵  詩のようなもの 祈り 共時性 日記 時世 音楽

ぶり返しのぶり返し

上気道炎(風邪)が ぶり返しております (涙)

眠ろうと思うと咳が出て この数週間睡眠も不規則です

元々 娘の看護もありまして 昼夜関係ない生活をしているのですが その上に

眠らなくてはいけない時間に 眠ることができなくて 弱っております

他にも気分的に師走は憂鬱になりがちです

いつからか人付き合いが苦手になってしまい 正直なところ信頼できる大人は

主人だけであります(主人が信頼できて尊敬できる人というだけで十分有り難いです)

元来人好きであったのですが (仕事も接客業でした)きっと今もその気持ちは捨てていないと思います

ただ 娘が生まれてからというもの あらゆる価値観を壊して今があります

離れていった友もありますし 私の現状にはお構いなしに呼び出す友もいます(行けませんが)

上辺だけの付き合いが楽しいとは思えない自分になっています(自分がそういう付き合いしかしていないと言うことですが)

もとから少し変わったところのある女子でしたので(笑)

そのこと自体に 深く落胆はしていないし 生活に強度の制限のある娘を置き 外へ遊びに行くのも

本心から楽しめません 

家族で小さな幸せを紡ぐ 本当にそんな生活をしているので 心は案外満たされております

ただ 今回何故こんな事を つらつらと綴るかと申しますと

やはり 体力が衰えてくると不安に襲われます 自分がしっかりしなくてはいけない分

もし自分に何かあったらと 在りもしない不安の中 独りぼっちの様な気分になってしまいます

書き出すことが気持ちの整理にもなります

私が弱音を書いている時も 娘はコロコロと可愛いです 彼女を見習わないといけません

きょう お読み下さった方 ありがとうございます

また 自分の世界を詩や絵に表現して行きますので どうぞよろしくm(__)m