読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまゆらのなかのとわ

絵と詩  文 音楽 本 在りのまま 

Last ・ Summer

あの夏は良かったね 何も考えなくて良かったし 好きなものだけ食べていた あの夏は良かったね 駆け引きもなけりゃ欲もない ただ好きなことだけしてた 僕たちはそれだけで良かった 僕たちはただそれだけで 繋がっていた最後の夏 君だけは見透かした様に 生き…

きょうは絵が描けないので詩だけ

あなたは私の夫で 父で兄 あなたは私の赤ちゃんで 弟で友 あなたは私の恋人で 先生であり生徒 あなたは私の半身で 私の全て 全ての穴を埋めてくれた 無二の人 ☆

次男発達障がい

彼の場合は軽度の学習障がいがあります コミュニケーションは問題ありませんが 性格がキラキラボーイ故に 今時の田舎の体質には馴染めずにいます田舎の体質とは 要するによそ者に冷たいという事です 子どもであれ赤ちゃんの時からお互いを知っているという身…

ちょっとブレイク

今更ながら バケットにハマっております湖岸をぐるっと回ったスーパーにあります パン屋の しかも全品100円のパン屋ですそこのバケットが(;O;)この野郎 美味しいんですそれから湖岸を更にぐるっと行きますと そこのスーパーのパン屋のバケットは2.3日経っ…

賢治から遠藤周作 映画「沈黙」サイレンス

『おまえは化学をならったろう 水は酸素と水素からできているということを知っている いまは誰だってそれを疑いやしない 実験して見るとほんとうにそうなんだから けれども昔はそれを水銀と塩でできていると言ったり 水銀と硫黄でできているといったり いろ…

wing

翼は本当に切れ切れだったのか そもそもそれは翼なのか 翼でないといけないのか 刷り込まれた呪いは もういつでも解けるのに 足枷に思えたそれが 慣れ親しんだ重力の様に 今では心地良くさえ 定めの丘から見得る あの鳥たちの羽は 蝋で出来ていた 昇りすぎて…

文・1

家がクレイジーだったので 学校に行くしかなかった 輩に絡まれて暴力を受けても 家の比じゃなかった 痛みに強くなっていたのだろうもちろん罵声にも免疫があった 私は生きねばならなかった それは自分の意志なのか そう刷り込まれているのかと 考える様にな…

難を転ずる

ヒヨドリの声を よく聴いてごらんなんをてんずーる なんをてんずーるって鳴いているよ ヒヨドリの仕事はそうして南天を 沢山の庭に苦難と共に在る 人間の庭に届けることなんだ だからそこらじゅう 南天が生えてるんだそこらじゅうに 苦難があるだけ だからヒ…

四季

冬が長く冷たいから 短い春が待ち遠しい 皆が春に恋をしているから 私は冬を愛します 錦の紅葉には 皆が逢いにゆくから 私は冬枯れの 明るい森で生まれ待つ 地面の山野草を想います そうして巡る四季の中 それぞれに唯 在るがまま ☆ 今回より 「うたかた」を…

アニメな感じが苦手

所謂(いわゆる)アニメな感じが苦手です アニメ自体苦手ではありません 宮崎駿さんの絵や 先日画像をアップした 外国(雪の女王)のアニメなんかには 芸術性を感じますそこにはアニメという分野が ある種 子ども達の聖域という 護られるべきものを感じるか…

tao

器があるから 水が注げるのか そこに見えぬ 空があるから 水が溜まるのか そのどちらともが 絶妙にTaoを容どり 道となる ☆

home sweet home

おかえりなさい鎧を脱いでゆっくりしましょうhome sweet home 全て忘れて 休みましょうあなたの悲しみも憤りもいらないものは全て私にちょうだいな おかえりなさいブーツを脱いでゆっくりしましょうhome sweet home ここはあなたを抱きしめる場所全てを忘れ…

メンサ会員 中野さんの本

中身は万人に解りやすく書かれた週刊誌並みの本です(幻冬舎ですもんね)すぐ読めますメンサ会員も食わねばなりませんから 知識が豊富な人の話しは面白いですが そこに情緒を期待するのは酷というものですパンドラの箱の中身は 直視出来る人にしか有効活用は…

empty

まるで圏外かのように 彼等の言葉は なにも響かない かすかに見えている景色は 絵空事なのか お山の大将が叫ぶ オイラの方が上なのさ ギラギラ光るその目玉が 幾つあればいいのか 同じよなことばかり 皆が揃って羅列する 皆が揃って 我が我がと やかましい …

車椅子の娘

10歳になる娘は 難病持ちです 徐々に進行しています 兼ねて重度の精神遅滞で 大きな赤ちゃんと言った感じです重度の精神遅滞と言うと どの様なイメージをお持ちになるでしょうか 地六時中ぼけーっとしてヨダレを垂らしているだけと思われる方も多いのではな…

よくわかっていません 

はてなブログを始めて 数カ月経ちました 未だ 使い方と言いますか・・・ はてなブログの特性を理解していないと思います コミュニケーションツールの一面もある様で この部分が私は拙い様でして 何かしら不快な気持ちにさせているのではないかと 心配です か…

my love my life

るる らららるる らららmy love my life るる らららるる らららmy love my life 冬の空のヒヨドリが霧の向こうで鳴いている雀が生まれ変わるこの庭で今夜もオリオンに挨拶 るる らららるる らららmy love my life るる らららるる らららmy love my life 曇…

ぶり返しのぶり返し

上気道炎(風邪)が ぶり返しております (涙)眠ろうと思うと咳が出て この数週間睡眠も不規則です元々 娘の看護もありまして 昼夜関係ない生活をしているのですが その上に眠らなくてはいけない時間に 眠ることができなくて 弱っております他にも気分的に…

ごめんね

一生をかけて 君たちが集める ティースプーン一杯の ハチミツを 一瞬で飲んでしまって ごめんね ついこの前まで 知らなかったんだ 考えもしなかった ごめんね だから毎朝 百花の草原が 眉間を駆け抜けたんだね ☆

何時かの会話

何をもって平等かって? そりゃ 生まれて死ぬってことをもって 生き物は皆 平等なんだよ だからってそれは 絶望なんかと一緒じゃない その法則でもって 理されているだけだよ どんなに威張ったって どんなに哀れんだって どんなにどれが一番だって議論して …

淡海

琵琶湖は淡海(おうみ)と言うほど 海の様に大きいです私は生粋の淡海人ではありません でもここで生まれ育っております子どもの頃 琵琶湖の向こうは中国だと思っていました(笑)母なる地球 母なる琵琶湖と よく例えます私も実際母でもありますが 母性を持…

こんばんわ

お薬の副作用でペンが持ちにくいので 絵が描けません 元々呼吸器が弱く 感染症にかかるとたちまち気道が腫れます数年前にインフルエンザにかかった時も 呼吸困難に陥り トラウマになっています今も怪しい感じで お恥ずかしいのですが 一日脅えて過ごしており…

音楽

日曜の午後から 風邪ひきで声がしゃがれています・・・と言う訳で(どういう訳なんだよ)しゃがれ声の渋いトム・ウェイツさんです一年が いつからか 早くなりました12月です ☆

匂 におい

乾いたアスファルトに 雨が落ちた時の匂 砂の運動場に 雨が落ちた時の匂 雨に濡れた 竹林の匂 校舎の廊下に 雑巾がけをした時の匂 お寺の木の廊下に 雑巾がけをした時の匂 参観日の 白粉の匂と 扇子の白檀 干した布団の匂 プールの塩素 お風呂上りのタオルの…

我が子に 言いたいこと 「何者かにならなくていい」呪文のように言い続けるつもりはないが もしそんなタイミングがあれば躊躇なく言うだろう 外から自分がどう見えるか その事に皆 意識を向け過ぎている張りぼての 軽い偽物ばかりが 我がもの顔で闊歩する時…

中毒

やさしくしてほしい あたたかい言葉を かけてほしい いつも笑顔でいてほしい 守ってほしい 許してほしい 明るいのがいい 楽しいのがいい 甘いのがいい 良い匂いがいい キレイなのがいい 柔らかいのがいい 次は何がいい それはいい これはだめ 快 不快の快の…

snow trip

ひとりぼっちの夜 雪が降ると さみしくはない 街灯の光を反射した 雪たちを追いかけて snow trip どんどん 空に飛んでゆく 自動飛行で どこまでも 上昇する 重力を忘れて どこまでも 飛んでゆく ☆

咲かない桜

私の庭には 咲かないと言われる桜がある 始めは皆 ああ桜を植えたのね なんてすばらしい なんて楽しみと それはそれは ちやほやした 春が来ても一向に花を付けない桜を見て 始めは皆 ああどうしたのかしら 可哀想と その次の春も その次の春も 庭の桜は花を…

おともだち

好きなものの いくつかが 同じで 競争したりしなくて いつも一緒じゃなくていい 違う考えは お互い無関心で 偶然 同じ服でも 大爆笑したり やーだ なんて言っても 嬉しくて ケンカしても いつか仲直りするぞ と思ってて 嫌な事は 嫌と言えて 良い事は 良いね…

フルドラの涙

あれほど ちやほやしていた者たちは フルドラの背中の穴を 目撃すると 怖れ 驚き 奇異に顔を歪め 目を背け 走り去った 例えそれが 賢者と評判の男であろうと 博愛と評判の女であろうと そよ風が 蜘蛛の糸のようなフルドラの 長い髪をかき上げると その形相は…

音楽

ゴダイゴの音楽は どれも完成度が高いですねモンキーマジックは ジャズファンク? ですかね 当時のディスコでも流れていたのでしょうかわたくしは まだ子どもでしたが ディスコがクラブというものに取って代わる時代にお年頃でありました が そのような場所…

音楽

そこに行けば どんな夢も かなうというよ 誰もみな行きたがるが 遥かな世界 その国の名は ガンダーラ 何処かにある ユートピア どうしたら行けるのだろう 教えて欲しい In Gandhara,Gandhara They say it was in India Gandhara,Gandhara 愛の国 Gandhara 生…

lotus

泥中の 幾千幾万 命在りて 蓮の華 咲かぬと 嘆く 人の性 咲かぬと 慄く 人の弱き ただ在るままに きょうも 日出づる ☆

トルコの回転舞踊

おじさんがくるくる回っています トルコの回転舞踊ですイスラム神秘主義の一派の宗教儀式の様です この動画を視ても 何だか不思議な感覚に誘われます子どもの頃 よくこうしてくるくる回っていました 大人には危ないから止めろと言われましたが 回転の魅力み…

たまごのおかゆ

頭痛が治らない2日目の朝食は たまごのおかゆですきょうは胃の具合もいまいちなので 白米でここに柚子の皮を散らすと 幸せな香りの魔法がかかります がスーパーにはまだ並んでいませんでした・・・冬に柑橘類が楽しめるのは 憂鬱な気分を変えてくれる 自然か…

夜鷹

夜空が時々 青白く感じるのは 星になった夜鷹が 今も燃え続けているからだよ 君は夜鷹をしっているかい 僕はカッコウなら知っているよ 彼女は抱けない卵を 託す時 いつも泣いているよ きっと彼女も いつか星になる 誰よりも美しく 青白く燃え続ける 星になる…

音楽

ビバ!アメリカ! て感じのミュージックビデオです南部の旗を象ったパンツがクールです ちょっと タイムリーな歌詞ですね シェリル・クロウさん 私よりちょっと年上ですが 身長は同じくらいですこのくらい腹を絞って 昔のローライズでもはいてみようかな寒い…

感受性

バカに会って あいつはバカだと言うのは タコに向かって 「このタコ」と言うに等しい 不毛な話し 誰が見てもバカなものを それ以上煮詰めても バカが凝縮されるだけ そんなのは 笑い話で十分だ ☆

gift

この鏡は あなたの出したもの 全てを映し出し あなたへ 跳ね返す 全てを映し出す 千里眼 そこに映っているのは あなた自身なのですよ 裏の世界からの ギフト ☆

パンを踏んだ娘

ある村に、インゲルと言う美しい少女が住んでいた。インゲルは裕福な家庭へ奉公に出されたが、それは元から自分の美貌を鼻に掛けるところが有ったインゲルの高慢な性格に拍車をかけることとなった。ある日、インゲルは里帰りをすることになり奉公先の夫人か…

私の一片

うちのチワワンコです 彼女はペットショップで大きくなり 売れ残っておりましたそのすじの業界の闇は 色々と噂で聞いておりますが 今回はそこを ぼやかずにいたいと思います以前から家族に犬を迎えたいと願っておりましたので あの日の出会いを無理やりにで…

映画

数年前に観た映画です明細は少し曖昧になっていますが ヒンズー教圏では 障がい者の社会的位置は酷いものであります前世で とんでもない行いをした者として 公の差別が許されています 馬頭罵声は当然で そう扱うことがその人のカルマを浄化させるとまで 信じ…

箱舟

箱舟に乗るのに 定員があるのなら 私は その舟に 乗りたくない ☆

メランコリックな夜

群青の夜の 薄い 薄い 三日月 真っ黒い雲が 一匹 泳いでいた シートを起こした 目線には 赤いテールランプが列を作っている 皆 家に向かっているの 明日は月曜だね だから今は とてもメランコリックな夜 今夜も 君が眠るまで 私は起きているから 君がイビキ…

在りのまま

若冲画 ブログの説明の最後の「在りのまま」を 記事にしたいと思いますきょうは(11月8日)西日本 雨でございました いつもではありませんが 雨の日 高頻度で頭痛がします きょうもそんな日で 今の時間(23時50分)にやっと 少しましになってきましたも…

それから 読んだ本なんかも 載せて行きたいと思います 最近 購読した本です マンガなのですが すごくよろしかったです おススメです どこかの島が環境設定なのですが 風景が簡素でストレートに琴線を弾きます それも とても優しく 何と言いますか 地に根ざし…

音楽

きょうから 絵と詩以外に 私の好きな音楽もアップしたいと思います始めはジョン・メイヤーさんですこのミュージックビデオはすごくお気に入りですジョン・メイヤーさんの音楽は 分類的にカントリーだと言うことですが元はカントリーミュージック出身という意…

Reincarnation

この世の 如何なる 悍ましい行いも 果てとも知れぬ 宇宙の営みの 範疇 私たちは この中の 塵であり 種である ミクロの中のマクロが ぐるりと幾重に 入り口でも出口でもなく 泡のように繋がっている 繁殖と連鎖のパラドクスの中に その欠片を視ることができる…

冬の桜に 会いに行く人はいない そのごつごつの体に あの花弁の彩を いじらしく蓄える 美しい 冬の桜よ 君が あの桜だと 人々は夢のように 忘れている それでも君は 春には決まって 咲いてあげるの それでも君は あの人間どもを 愛しているんだね ☆ 一般に鑑…

Hominina

理由があると 安心する 不安や恐怖から 救われる 思い込みでも 押し付けでも 理由があれば 人は納得する そうしてまた人は 理由を求め続け そうしてまた人は 傲慢になる 自己顕示欲を 傷つけ合い 奪われた欲の穴を 埋めてゆく 人の性 崇高なる本能を見下し …