読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまゆらのなかのとわ

絵と詩  文 音楽 本 在りのまま 

晴れの月曜 これから外出なのだ

晴れが苦手 なぜなら眩しいのだ 春先は花曇りの日でも眩しい 真夏の日差しとは角度やエネルギーが違うのか 春のそれは狂気にすら感じる 春はパステル色で ほんわかしている天国というイメージかも知れないが それは違うと断言する この木の芽時の乱舞する様…

金曜の夜

今晩はパパが飲み会で 私は送迎の送だけ担当致しました リーマンは飲み会も仕事なのですがきょうは焼肉と言うことで やや勇み足のパパを送りました 来年度は昇格もほぼ確定で パパは支店長と相成る予定でございます 年度末ということで 家族もガマン時であり…

二年ほど前に購入しざっと読み終えてはいますが とにかく大作で内容は 私のスポンジ頭では切れ切れにしか記憶できませんここで著者はNHKの大河ドラマをはじめとする 多くのテレビドラマの脚本家達が誤った歴史認識により史実を脚色しているかにも言及してい…

宗教と信仰心

宗教の自由は認められている 人様の信仰(宗教)をどうのこうの言うのも趣味ではないがもし言わせて貰えるならば どうして彼等はそっとしておいてくれないのか どうして他を否定し己の信ずる神のみぞが神と言うのだろう それが真実だからか?ではなぜ神は沈黙…

お猫さん

草枕

wikiより 透き通っているのに きちんと重力を感じる絵画です オフィーリアの草枕はバイカモですね 光と闇の均衡が生む美悲しい物語で終わらせない 愛と敬意を感じます ☆

人生は成功する為にあるのか では成功とは何を言うのか 生きる為に生きることはいけないのか 繁栄とは何か その向こうに衰退が待っているものかお金持ちに見せる金持ちが多いが 本当の金持ちは違うのを知っている自殺とは何か それは一瞬のうちに起こる悲劇…

ずっと考えている

鶏が先かチワワが先か・・・・(-_-;)・・・・。 昨年末に年賀状の写真を撮らせろと 格闘後の我がチワワンコの図です 犬なのに鶏を被せられる この屈辱って顔してます塩辛い事ばっか書いている私ですが ユーモアもあります( `ー´)ノ てか それがないと生きて…

ジキタリス

ジキタリス ジキタリス 私もいつか おまえの様に 私は私を 全うしたい 葡萄の様に鈴生りに 毒々しくとも 希釈して あまたに拡がり 命の溶媒 また巡る ジキタリス ジキタリス お前の様に 私は私を 全うしたい ☆

アドルフ・ヴェルフリ

行きたいが無理っぽい (涙)でも 長男にパンフもらった それだけでも凄いエネルギーだThanks

家族

姉は道々の上 稀に出会う 容姿が奇態な人のことを さぞ憎らし気に私に話してみせたただ目に入っただけのその人を なぜあの様に感情を込め憎らし気に言えるのか 人間の中に備わっている何かに触れ 理性を乗り越え反射的に発せられている様にも見えた私は不思…

もう11歳

来月に娘は11歳になります 私が37の時の子でありますまだ話すことはできないのですが いつかママと言ってくれる日が来ると思っています病名を書くと同じ病の人がここにヒットするかも知れません 良い事もあればその反対もありますてんかんは症候性の難治てん…

十一薬

何時の判定日だったか 県の施設を兼ねた子ども相談所で ナンセンスな質問を受けていた梅雨近く部屋は蒸し暑かった 事務的に進む時間の中 窓越しに見える子ども施設とこの悠々な職場とのアンバランスに意識を傾けた 職員がここに通うための自家用車はどれも真…

白昼夢

コロンと落ちた 椿の首を 水仙が見下ろす 遠い空の穴から 天照 白く青く美しく 差していた 嗚呼 私は四季の狭間に 生きているのですね ☆

forest

フルドラは 森から出ることが出来ない ベリーが 残らずなくなったとしても 彼女は森から 出ることは出来ない それは彼女自身が 森だから きょうも迷い込んだ者が フルドラに苦笑いする 悲哀に似た虞 どうぞいつでも お帰り下さい 道はいつでも 開いているの…

きょう書きたいこと

娘に笑顔を向けてくれる人は きょう良い事があったのだろうか だからなのだろうか 娘を嫌悪の冷たい目で見る人は きょう辛い事があったのだろうか 親切な看護師さんは きょう良い事があったのだろうか だから親切なのだろうか 事務的な看護師さんは 辛い渦中…

ナルコレプシーとひとり言

たぶん軽度の睡眠障害だと思います 入眠時のリアルな夢や金縛りは結構頻繁にありますそれは娘の昼夜の看護生活になってからではなく 子どもの頃からです最近では昼間に不定期で 抵抗し難い眠気に襲われて たぶん実際に眠っていると思います記憶がない空白の…

アーミッシュの人々

世界でアーミッシュの方々の数が増えていると聞きます 彼等ならこの世で如何なる破壊行為や自然悪が勃発しても 生き残ることは可能だろうと思います一方こちら側の人間は アーミッシュのことを都合良く認識している部分も否めません (例えばアーミッシュの…

野蛮とは何かを深く考え感じなければならない

ハリウッド映画ですが(皮肉)ガンジーの精神を覆い隠すことは出来ません 勝ち負けを重視する人には その所存は明確で完結しています そうではない精神性を重視する人には 永遠の希望を得ることが出来ます非暴力とは やられっぱなしで喜ぶことではありません…

hope

誰よりも 誰よりも誰よりも誰よりも誰よりも 春を願っているんだよ ☆

ちょっと解説っぽく

「詩」というものは それぞれがそれぞれの宇宙に発生したものを 持ち帰れば良いのだと思います 今回は自称「詩」という私の未だその域ではない活動故のナンセンスを お許し頂けると幸いでございます「春と阿修羅」には賢治先生の「春と修羅」にもじっていま…

春と阿修羅

蝶の羽をむしる 残酷さは 幼子故に許される 七つの歳の 満まで 阿修羅をはらみ せめぎ合い成り立つ 短き春 いじらしく咲くスズランが 引き受けた毒を たんぽぽは 決して忘れない ゲンゲの女神が 泣きながら咲くことを 知らぬ人 春 それが 春 阿修羅と共に在…

火曜です

最近 娘がよく笑います 3月で11歳になります 背も伸びたのか ほっそりしてお顔も小さいので 親ばかですが ホントに可愛い女子です心が赤ちゃんなので 表情筋も赤ちゃんなのか やや下膨れでお鼻はちっちゃく グミキャンディが付いてるみたいです上から見る…

土曜です

以前にもそれとなく書いていますが 私の日常は主に娘の看護です 細かく書きませんが 全介護です 食事は口から摂れます 歩くこともできますが 足が弱い(骨の変形)ので不安定です 外では車椅子で 歩く時は付き添わないと無理です学校には行っていません 難治…

freeze

雪にも 食べきれないほど 音が 溢れている もう十分と 誰も言わない 尽きぬ欲は 毎日生産され 消費される いったいこの世界で 誰がまともだと言えるんだい ぎらぎら笑う女には 吐き気を 生気を失った男には 哀れみを 子ども達には 静けさを 神様 黙っていな…

砂曼荼羅の衝動

描いて描いて描いては来る 衝動 書いて書いて書いては来る 衝動 消し去りたいという 衝動 私はこの衝動というものを時折認めたくなる 消し去りたいという衝動を肯定したい たまゆらのなかのとわが恋しくてたまらない 日々剥がれ落ちる皮膚のように その塊の…

もくもく

もくもくしてて 遠くに光が 目をつむると 遠くの光がぐわんとして おえっとなる 窓くぐりだ あそこまでたどり着くぞ そしてせめて 色を取り戻さないと このもくもくも 悪くないけど おでこがぎゅーっとなるんだ ☆

Last ・ Summer

あの夏は良かったね 何も考えなくて良かったし 好きなものだけ食べていた あの夏は良かったね 駆け引きもなけりゃ欲もない ただ好きなことだけしてた 僕たちはそれだけで良かった 僕たちはただそれだけで 繋がっていた最後の夏 君だけは見透かした様に 生き…

きょうは絵が描けないので詩だけ

あなたは私の夫で 父で兄 あなたは私の赤ちゃんで 弟で友 あなたは私の恋人で 先生であり生徒 あなたは私の半身で 私の全て 全ての穴を埋めてくれた 無二の人 ☆

次男発達障がい

彼の場合は軽度の学習障がいがあります コミュニケーションは問題ありませんが 性格がキラキラボーイ故に 今時の田舎の体質には馴染めずにいます田舎の体質とは 要するによそ者に冷たいという事です 子どもであれ赤ちゃんの時からお互いを知っているという身…

ちょっとブレイク

今更ながら バケットにハマっております湖岸をぐるっと回ったスーパーにあります パン屋の しかも全品100円のパン屋ですそこのバケットが(;O;)この野郎 美味しいんですそれから湖岸を更にぐるっと行きますと そこのスーパーのパン屋のバケットは2.3日経っ…

賢治から遠藤周作 映画「沈黙」サイレンス

『おまえは化学をならったろう 水は酸素と水素からできているということを知っている いまは誰だってそれを疑いやしない 実験して見るとほんとうにそうなんだから けれども昔はそれを水銀と塩でできていると言ったり 水銀と硫黄でできているといったり いろ…

wing

翼は本当に切れ切れだったのか そもそもそれは翼なのか 翼でないといけないのか 刷り込まれた呪いは もういつでも解けるのに 足枷に思えたそれが 慣れ親しんだ重力の様に 今では心地良くさえ 定めの丘から見得る あの鳥たちの羽は 蝋で出来ていた 昇りすぎて…

文・1

家がクレイジーだったので 学校に行くしかなかった 輩に絡まれて暴力を受けても 家の比じゃなかった 痛みに強くなっていたのだろうもちろん罵声にも免疫があった 私は生きねばならなかった それは自分の意志なのか そう刷り込まれているのかと 考える様にな…

難を転ずる

ヒヨドリの声を よく聴いてごらんなんをてんずーる なんをてんずーるって鳴いているよ ヒヨドリの仕事はそうして南天を 沢山の庭に苦難と共に在る 人間の庭に届けることなんだ だからそこらじゅう 南天が生えてるんだそこらじゅうに 苦難があるだけ だからヒ…

四季

冬が長く冷たいから 短い春が待ち遠しい 皆が春に恋をしているから 私は冬を愛します 錦の紅葉には 皆が逢いにゆくから 私は冬枯れの 明るい森で生まれ待つ 地面の山野草を想います そうして巡る四季の中 それぞれに唯 在るがまま ☆ 今回より 「うたかた」を…

アニメな感じが苦手

所謂(いわゆる)アニメな感じが苦手です アニメ自体苦手ではありません 宮崎駿さんの絵や 先日画像をアップした 外国(雪の女王)のアニメなんかには 芸術性を感じますそこにはアニメという分野が ある種 子ども達の聖域という 護られるべきものを感じるか…

tao

器があるから 水が注げるのか そこに見えぬ 空があるから 水が溜まるのか そのどちらともが 絶妙にTaoを容どり 道となる ☆

home sweet home

おかえりなさい鎧を脱いでゆっくりしましょうhome sweet home 全て忘れて 休みましょうあなたの悲しみも憤りもいらないものは全て私にちょうだいな おかえりなさいブーツを脱いでゆっくりしましょうhome sweet home ここはあなたを抱きしめる場所全てを忘れ…

メンサ会員 中野さんの本

中身は万人に解りやすく書かれた週刊誌並みの本です(幻冬舎ですもんね)すぐ読めますメンサ会員も食わねばなりませんから 知識が豊富な人の話しは面白いですが そこに情緒を期待するのは酷というものですパンドラの箱の中身は 直視出来る人にしか有効活用は…

empty

まるで圏外かのように 彼等の言葉は なにも響かない かすかに見えている景色は 絵空事なのか お山の大将が叫ぶ オイラの方が上なのさ ギラギラ光るその目玉が 幾つあればいいのか 同じよなことばかり 皆が揃って羅列する 皆が揃って 我が我がと やかましい …

車椅子の娘

10歳になる娘は 難病持ちです 徐々に進行しています 兼ねて重度の精神遅滞で 大きな赤ちゃんと言った感じです重度の精神遅滞と言うと どの様なイメージをお持ちになるでしょうか 地六時中ぼけーっとしてヨダレを垂らしているだけと思われる方も多いのではな…

よくわかっていません 

はてなブログを始めて 数カ月経ちました 未だ 使い方と言いますか・・・ はてなブログの特性を理解していないと思います コミュニケーションツールの一面もある様で この部分が私は拙い様でして 何かしら不快な気持ちにさせているのではないかと 心配です か…

my love my life

るる らららるる らららmy love my life るる らららるる らららmy love my life 冬の空のヒヨドリが霧の向こうで鳴いている雀が生まれ変わるこの庭で今夜もオリオンに挨拶 るる らららるる らららmy love my life るる らららるる らららmy love my life 曇…

ぶり返しのぶり返し

上気道炎(風邪)が ぶり返しております (涙)眠ろうと思うと咳が出て この数週間睡眠も不規則です元々 娘の看護もありまして 昼夜関係ない生活をしているのですが その上に眠らなくてはいけない時間に 眠ることができなくて 弱っております他にも気分的に…

ごめんね

一生をかけて 君たちが集める ティースプーン一杯の ハチミツを 一瞬で飲んでしまって ごめんね ついこの前まで 知らなかったんだ 考えもしなかった ごめんね だから毎朝 百花の草原が 眉間を駆け抜けたんだね ☆

何時かの会話

何をもって平等かって? そりゃ 生まれて死ぬってことをもって 生き物は皆 平等なんだよ だからってそれは 絶望なんかと一緒じゃない その法則でもって 理されているだけだよ どんなに威張ったって どんなに哀れんだって どんなにどれが一番だって議論して …

淡海

琵琶湖は淡海(おうみ)と言うほど 海の様に大きいです私は生粋の淡海人ではありません でもここで生まれ育っております子どもの頃 琵琶湖の向こうは中国だと思っていました(笑)母なる地球 母なる琵琶湖と よく例えます私も実際母でもありますが 母性を持…

こんばんわ

お薬の副作用でペンが持ちにくいので 絵が描けません 元々呼吸器が弱く 感染症にかかるとたちまち気道が腫れます数年前にインフルエンザにかかった時も 呼吸困難に陥り トラウマになっています今も怪しい感じで お恥ずかしいのですが 一日脅えて過ごしており…