読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまゆらのなかのとわ

絵と詩  文 音楽 本 在りのまま 

earth

やっと空気を通すくらい精密な箪笥の引き出しの隙間から消えそうに差し込む微量の光さえ私たちは感知できるもはやそれが光だと 肉眼が判別できぬとしてもそれらは肉体を通過する時私たちにメッセージを残す言葉の領域ではなく受け継がれた箱の中信号を受信す…

ハッピーエンドは価値観を刷り込ませ焼き付ける洗脳

完璧なる洗脳とは それが洗脳だと微塵も感じません世の中には無意識にも意識的にも そうしたものが大小あり私たちはその数を頼りに自らに取り入れるかを決めていると思います反射的とも言えるほど 無条件にA或いはBに属すかを判断しようとする傾向はおそらく…

ニューロンの森に彷徨い 手をのばそうとも 放電しては 壊れゆく 繋ぐことのできない 切ないシナプス 石灰化してもなお 片割れは信号を 送り続け それは激しく放電し 汗が手を 冷たく冷やす 瞳孔は開き それでも少しも 眩しくはない 全ては支配されている 切…

畑のチューリップも アスファルトのヒナギクも 地べたの若草も みんな スイングしていた ☆

去来する物欲

iどーもくんです(●´ω`●) この様にiphoneを ブスリ! と刺します 一応リンク貼っておきますwww.nhk-ep.co.jpほしい!(≧◇≦)飛行石よりほしい! サンタさんに頼むのも先すぎる( ;´Д`)それに・・・ 大人にはサンタさんは来ないんだ・・(´;ω;`)った・・うう・…

金曜です

伸びるチワワンコさん 昨夜は 娘がすんなり眠ってくれたので ハッと目覚めたら朝の五時半でしたそういう時ってきっと 深い良い眠りがとれているのではないかと思います体が疲れていても 神経が立って眠れない時もあります そんな日が続いて それを放置してい…

help

私たちは私たちを持て余し 真空を漂う 目的地はわからない 込み上げる不安を 紛らわしてもいいですか もうだいぶ遠くに来たはずなんだ 私たちは私たちを傷つけながら 真空を漂う 恐怖を受け止められず 縦と横を作るしかない 誰かの助けを望んでいいですか も…

モッコウバラ

今年もモッコウバラが咲きだした 我が庭のバラはこの世話いらずの「モッコちゃん」と小さく仕立てる「小さいバラさん達」(商品名ミニバラ)たいそうな名前はないバラさん 特別なセレブリティによる薔薇に込められたエピソードもないだけども この世界のどこ…

正直に言います

スピリチュアルが嫌いです 正しく言うと 現在スピリチュアルと言われている動きがキライですその動きとは ネットや本という分野で さもインテリジェンス的に普及しているそれです何も知らないで言っているのではありません 探求した上 自分で判断した結果で…

edelweiss

テレビでエーデルワイスを初めて見た時 こ、これがエーデルワイス・・・かぁ・・ なんだかモノクロームな感じで これは花なのか?と映画「サウンドオブミュージック」で大佐が歌うあの麗しき花がこれか と、まぁ勝手に拍子抜けしていました肉眼で見るのと映…

きょうも

時々思う 所有物や容姿の美という基準を剥がして真に生きられる人ってどれくらいいるのだろう 今のシステムの中 底辺近くと言われる多くの人が喉から手が出るほど欲しいものをほぼ所有していてそういうものがいっぺんに消えて無くなる日が来るとしたら この…

サイキックのおっちゃん

その昔 職場に現れたおっちゃん一人 酒屋のおっちゃんは人気者 それはサイキッカーだからだこれはフィクションではない おっちゃんは その芸を披露 選ばれたのは私 理由はおでこが広いから「今からここにいる人が知らない 君の情報を教えて」 これはナンパじ…

つぶやき

誰もが自分の人生で精一杯 何を求め どうなりたい その為に何を得る得る 得る 得る その事ばかりに一生懸命だ命がある その事だけでは誰も満足しない様だ生きよう 純粋に一緒に生きよう ただそれだけでは 人生とは言わないのか何かを得る為に生まれたのかそ…

こころたび

声が楽器だと感じる この曲が好きです私は歌詞の重みよりも 音楽が持つ魔法(その場所が違って見える またはその音から風情を感じさせるもの)が好きですなので歌詞がストレートに入って来るものや 説明し過ぎる歌詞や情念煮えたぎる歌詞が苦手ですなので歌…

爆音と高周波音

最近 疲れがたまっていて 頭の中が空っぽです 入眠時に爆音と耳鳴りを通り越した様な高周波音がして凄く不快です 前までは 入眠時に祭囃子が聴こえたりしたのに(おいおい大丈夫か)今は爆音なんです・・・ビックリします(涙)ストレスがたまってくると 私…

ガー太郎とガー子

冬の間玄関前の庭に落花生リースを飾っていました 野鳥に食べてもらう為です いつもは小鳥用の粟や稗を蒔いているので 庭に出るとスズメが一目散にやって来ます催促なのか頭をかすめて飛んで来ることもあります 我が家はスズメのお宿で色々な所に寝床がある…

「まぁだいたいやねぇ」の人の言葉

マスコミが、芸能ネタなりスキャンダル事件を連日連夜、執拗に報道している時は注意しなさい。国民に知られたくない事が必ず裏で起きている。そういう時こそ、新聞の隅から隅まで目を凝らし小さな小さな記事の中から真実を探り出しなさい。 政治評論家の竹村…

真実

真実は見えない 真実は聴こえない 真実は静かに 真実は眠っている 真実は厳重に 真実は密封され 真実は幾年も 真実は葬られ 真実は人々の 真実は無言の中 真実は無音の中 真実は自らの 真実は心と頭で 真実は感じ 真実は耐え忍び 真実はその愛の下 真実はあ…

夢 希望

私は森の中に住みたい キンと澄んだ森の中に 遠くの森に そして最後は 苔の上で 森に看取られながら 全てに戻りたい 野草たちに看取られながら 彼等の養分になりたい ☆

メンタルに重大なハンディがある発達障がい

身体症状 もしくはある一定の心理的負荷がかかった時 メンタルが持ちこたえられない子達が社会に出た時その子達の特性を全ての人に理解してもらうことは 想像する限り困難であると思いますこれは制度でどうにかなる問題でもありません今 発達障がいを抱える…

fantastic planet

カルトの部類に入るのでしょうか きょうはこんなアニメのご紹介ですファンタスティック・プラネット - Wikipedia 映像というものの力を感じるアニメでございます 実にシュールで詩的です こういった本当のオリジナルを感じさせるものは 私などはやはり人間の…

空き瓶が好き

「ひやしあめ」という飲み物の瓶です ノスタルジックな感じが気に入って買いました 何度も書いているのですが 私の実家はクレイジーですが 両親共資産家生まれであります新婚の頃 莫大な遺産が転がり込み 働かず 高級車に乗り遊びまわったそうです そして散…

カツ 喝 勝

トンカツ・wikiより 揚げ物は唐揚げしか作らない そう決めていた 何故なら 前日にジップロックに付け込むそしてそのままジップロックの中で衣をまぶして揚げられるから 後片付が簡単なのだそれでも揚げ物を作るのは嫌 何故なら汚れるからだ 汚れる=仕事が増…

Picture

ジムシーは子どもだけど この瓶は絶対 ハートランドビールだ ☆

季節外れの写真

季節外れの画像ですが いつかの秋にスマホで撮ったものです 奥に祠があります ここは某有名寺院の近くの神社です 太古の昔神々の時代 天皇が禊に立ち寄った場所です 今は なかなかゆっくりとお出かけできる日がありませんがまた写真もアップしたいです

もうじき花祭りだなぁ

幼稚園がお寺さんだったので 仏教には馴染みがあります 私が生まれ育った地域は 歴史が深く地面を掘れば土器が出て 平家や渡来人の名残がそこここにありそして信長が作ったセミナリヨ跡があり 名の知れた殉教者が生まれた土地でもありましたセミナリヨについ…

裏庭の春

実家のボロ屋があった所には 猫の額ほどの裏庭があって そこには紫陽花と沈丁花が植えてあった沈丁花の根元には 誰が仕込んだのか 春先には紫色のクロッカスが毎年顔を出した幼い頃 冬が去ってしまった後の楽しみだったよくよく思い出すと 白い水仙もあった…

書きたいことがいっぱい

書きたいことがいっぱい過ぎて 書けません(-_-;) 書きたい欲が限られた時間で制圧され満たされませんきょうは娘のことですが お付き合い下さると幸いです この2夜 娘がお薬を飲まずに眠ってしまい(それはそれで私は眠れるので有り難いのだが)お薬の血中濃…

やきいもの歌

長男が小さい時 ポンキッキでやっていました突っ込みどころもありますが ほぼ無条件で楽しい音楽ですここしばらく頭の中で響きそうです楽しいですよ どうぞ

あまねく照らす

彼はもう手に負えない そうして見放したあの人は今 どうしているのだろう本当に 本当に その時こそ彼には 助けが必要だったのに汚れきった 彼の汚れが 自分を汚すのは まっぴらなんだそう言う君には 沢山賛同者がいるだろうて彼の事を見放したからとて 誰も…

アンチ・カルマ論

私が人生に起こりうる事象について 考えるようになったきっかけは 人の何気ない差別心からですこんな事がありました顔に大きなアザのある女性がいました その女性のことを近所の女性たちは 「あの人は前世で悪い事した印がついてるねんで」 年配の方も子ども…

はてなブログを始めて半年

はてなは使いやすいです とは言っても使いこなせてはいませんが(^-^;なんでもかんでも繋がらないし アフィリエイトや訪問者数を気にしない私には居心地が良いです記事によっては なんで? というくらい訪問者数があったり そんなドッキリも楽しいです春は色…

アニー・ローリー

名曲アルバムが好きですきょうは美しい曲をどうぞ

障がい児を授かって

最後の最後まで 自分は貧乏くじを引いたと認識する親は救いようがない一番大変なのは 子ども自身なのである それなのにいつまでも 己(親の方)のプライドにすがっていては 子どもに申し訳ないと 私は思うこの子らの 親である覚悟も持つべきである 己が汚れ…

パニック発作に思う

以前も書いたが 私の実家はクレイジーだ 実家と書くとそれ全体になるのだが 私の気持ちとしては特に両親のことである母親の性質は憤死の核を持っている人で 実際40代から降圧剤と利尿剤を飲んでいた 高血圧の原因は いわゆる生活習慣ではなく「器質」でもな…

本当の姿

「時に いや常に有名人とは 本人の良い所の切り売りである」 私は正直な人が好きだ 虚栄心に富む人物が多い中 何事にも真っ直ぐで 欲もシンプルだし自らの過ちに対して謙虚で 素直だ そして人間の基本である「ありがとう」と「ごめんなさい」を的確に伝える…

人間中心主義の未来はあるか=これは宗教批判につながるかも知れない

田舎の人と言うと語弊があるとは思うが 私の視点からこの言葉を選びます田舎の人は猫を忌み嫌う人が多いです 「人間様」という言葉を使う事も常です土地に根ざして生きているからと言って この神羅万象に感謝できる人ばかりでもない田舎の人だからと言って …

草木国土悉皆成仏

ジャーメインのお家がね 新しくなったんだ前のお家なら ジャーメインは自由に行き来してたのに家が新しくなったら 飼い主さんはジャーメインを閉じ込めた そのうちに寂しくなってジャーメインは泣いた僕はここにいるよ 僕はここにいるよ朝も昼も夜も ジャー…

しろ

しろちゃんが来ない 雪の様なしろちゃんは 茶トラのマイケルと結婚して いっぱい赤ちゃん産んだけど いつもみんな育たない 雪の様なしろちゃんは 飼いネコだったマイケルと結婚して 二度赤ちゃん産んだけど いつもみんな育たない 毎日三度来てたのに 雪の様…

カンカンと王冠

ちょおどよいカンカンがあったのでビイルの王冠を入れたよカラコロ ぺけん カラコロ ぺけん ぺけんカラカラカラ カラカラカラカラカラカラ カラコロ ぺけん カラコロ ぺけんカラカラカラカラカラカラカラカラカラ カラカラカラ 水色だった南の窓がグレイにな…

数十年前に手に取り あまりの描写力に途中から読めなくなってしまったあまりにも有名な 安部公房の「砂の女」映画でも途中から見れなくなった作品は多い 人からすると信じられないかも知れないが映画ハンニバルを観た時 一週間くらいショックが取れなかった…

誰も知らない

その人の 見える光が多いなら 内なる闇は 漆黒よりも黒い 人知れず 闇のお布団を 被せられるが 私にはそれを どけることが出来ないのです 痛覚がないから これはお人形 スカートなんか破っても悪くない 心は痛まない これは本当に排便し 血が流れるお人形 見…

1人では生きられない娘を残して

未だ観ることが出来ない映画です人は誰しも老い 病み 死す存在です私の言い回しの意味をお解り頂けると幸いなのですが安心して老い 安心して病める 安心して死す そんな社会をつくることは決して不可能ではない なのに人間は本当の不可能(言うならば神の領…

猪木 対 アリ

うちの猪木(娘)ですが今月11歳になりました 春から6年生ですがまだまだ体が小さいし お顔も下膨れで赤ちゃん気がぬけませんそれでも顔が小さく手足が長い(これは一般的に容姿に対する褒め言葉ですが)のにお顔が幼いので何と言いますか やや特別な感じで…

カーソンの「沈黙の春」を読んで以来 教育とは何かを考える私たちは最終的に学校で 人間社会で生きる為 お金を稼ぐ方法を学んでいる そこは優劣を競う場所で ピラミットのどこまでに登れるかが重要極論だけど 多くの人はその虜だと言っても言い過ぎではない…

貧すれば鈍する

という言葉がある 私の住んでいる所では病院には不自由がない 市内の大きな総合病院は 礼儀のない若い研修医等が 患者に顎で指図する有様だった私は何時からか 地元の小さな診療所に診てもらう様になった どれだけ設備が不足していようと 心の貧しい医者には…

「欲」について書く時 どこから書き出して良いか悩みますが 私なりに進めて行きたいと思います前にも書いたのですが 今バゲットにハマっています 近場で行けるところで駐車場が広い所は 大体制覇したのですが そんなパン屋の一店に あぁもうここには来ないか…

forget me not

ソーセージを フライパンの手前に並べた そこが一番温度が高い ざっと焦げ目をつける お気に入りの皿にのせ ケチャップにドライバジル 夏には生のバジルの葉に包む 林檎を剥こうかな 朝の情報テレビでは BGMの様に 悲しみかやら怒りやら 流行やらお笑いやら…

僕には与えられた窓がある 見える空の欠片から 僕は世界を創る コラージュを集めて きょう僕は春を創る そして明日には冬を そしていつか 誰も見たことのない 新しい季節を それはいつか 当たり前に巡る季節になる 難解な命など 無い事を皆が知る 窓は始まり…

金子みすゞさん

きょうは金子みすゞさんの詩を紹介したいと思います・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「大漁」 朝焼小焼だ 大漁だ。 大羽鰯の 大漁だ。 浜はまつりのようだけど海のなかでは何万の鰯のとむらい す…