たまゆらのなかのとわ

絵  詩のようなもの 祈り 共時性 日記 時世

日記

眠ってないので あまり体調が良くありません

だいたい年中そんな感じです

持病もあちこちあって 上手く付き合いながら生きています

免疫疾患に心臓病 婦人病です

冬は家族が持って帰ってきた風邪を貰う事が多いので

神経ピリピリです

貧血は婦人病の関係ですが 元々鉄の吸収も良くない様です

赤血球を体は沢山作っているのですが

中身がスカスカなんです

だから今の生活は 活動範囲が限られていて 

つまらないと言えばそうなのですが

私にはその方が良い様です

海外に行ったら 元々体力がないので

おそらく すぐ何かの感染症にかかるでしょうし

娘も長時間の外出は無理です

幸いインドアな家族なので こじんまりと楽しんでいます

きょうはこれから ドライブがてらスイカを一玉(農家さん直売)買いに行こうかと思います

皆様はどんな夏をお過ごしですか

私は大好きな秋が待ち遠しいです

八月はきらい

元気が出なくて ココナツのお香を焚く

何となく気分が上がる 気がする


冷凍しているチキンを 出すのを忘れていた

黄色いお皿にのせて 階段に置く


夕立が来ないか 空を見上げる

葉が揺れている


モザイクガラスの灯りが 

窓ガラスに映っている


外は静かに蒸している

もう子どもたちが大きくなったから

ビニールプールは終わり


合間に横になると くの字に曲げた脚と

足の甲のカーブのところに

彼女は丸くなる 

猫みたいに丸くなる


付け合わせは胡瓜の皮をむいて 

薄く切っただけのサラダにしよう


夕立は来そうにない

西日が差してきた

八月はきらい

I do





ヘッドホンで聴いています 

彼の声は少年の様です 

記している過去が視える気がします

幼少期と言う真っ白な時期に 得なければならない養分が

十分ではなかった切なさです


此岸に在りながら彼岸を生きる

そしてその逆も・・・


音楽は隔たりを消し去ります


若冲が「具眼の士を千年待つ」と残した様に

彼の意識を理解し 受け入れられる時が

何れ来ることでしょう


解った様なことは言いたくありませんが

死別は順にやって来るものでもあります


私も それが一番怖いのですが

互いを認識する手段は 触れ合う事だけではない事を

学んで行きたいです

スリ族

f:id:ae7chu:20170731103331j:plain

前回の記事で 同世代以上の厚化粧が滑稽と言いました


化粧や装飾と言っても スリ族には気高さを感じると言う現象・・・

命そのものを 更に具現化した・・・そんな言葉表現が陳腐に感じる

アフリカと言うエネルギー


「有色人種」と言う言葉の発生原因とか必要性には その背景がある

英語ではnonwhite とか colored とか言う様だけど

白人ありき 白人側から作られた言葉 


アマデウスの時代の富裕層のあの装飾も 

強欲の果ての結果だとしても それを気にするのは人間だけなのかも

生きものは 在るがままこの世の形態に合わせる

そうしてこの地球と言う碧い球が在る 在るのだろう


地球の生態系を破壊する人間も 

宇宙の心ひとつで どうにでもなる細やかな命 粒子の塊

そう想うと その所業も 宇宙の範疇なのかも知れないと思う


さぁ きょうはどんな宇宙を創ろうか

意識と言う現象の成り立ちを 人間自身が理解するのは

一寸先かも知れない


世界各地の先住民族の声と文献

どぼ漬け

夏になると糠床を買って来るのだが 今年は止めておく

どうも体力がない 

娘の夜間看護が増えたせいもあるし 年齢も。

それに近くの農産物直売所で美味しいものを見つけたからだ

どぼ漬けはキュウリの状態や糠床具合によって 味が左右する

糠床評論出来るほど 力説は出来ないが

直売所で販売出来るくらいの名人が作ったものでさえ

その味は一定ではない

私の食べ方は 麦茶でのお茶漬け

どぼ漬けのお茶漬け・・・である。

夏の食欲がない時 どぼ漬けのお茶漬けは重宝する

スタミナは付けられないかも知れないが これは美味しいと感じる

この一年くらい胃腸もだいぶ弱くなってきた

今年はどぼ漬けのお茶漬けでも 上手く消化できない

食後に胃薬を飲む・・・

私は体は消耗品だと思っている 実際医者にもそうこぼすと

苦笑いされた

今時のぎらぎらした 如何にも毎日肉食ってます みたいな中高年には

あまりなりたくない 

自然にまかせるのが良いと思うし 楽だ。

だからと言って 身なりに無頓着と言う訳でも 食に薄欲と言う訳でもない

何か危機的にギラギラすることに抵抗があるだけだ

同世代や上の世代の同性が こってり化粧を施しているのも

直視できない

私は何処か薄情なのかも知れない 

それらが滑稽でならないのだ 

それで その どぼ漬け茶漬けは 小学生の頃からの好物。

夏の味。